ALAがんリスク検査

ALAがんリスク検査とは

「がん」からあなたを守る最初の一歩

自然界に存在する天然のアミノ酸“ALA”を使った画期的な検査。

この検査は、就寝前にALAのカプセルを飲み、翌朝、起床後に採尿したら検体をクリニックに送るか持参するのみになり、検査結果が出るまでは2~3週間ほどで、がんリスクの低い順(ポルフィリンの数値を計測)にA~Dまでの4段階で判定されます。

この結果はあくまで『リスク』を判定するものであり、確定診断ではありませんのでご注意ください。

ALAがんリスク検査による治療方法

ALAとは5-Amino Levulinic Acid(5-アミノレブリン酸)の略称で、動植物の生体内に含まれるアミノ酸の一種です。体内のあらゆる働きをサポートする重要な成分であり、生命の根源物質であると言われています。

ALAは生命活動に必要なヘムという物質の原料で、体内のがん細胞に反応すると、中間代謝物であるポルフィリンを発生させます。

ポルフィリンはブルーライトにより赤く光る性質を持っているため、正常組織とがん組織の判別に利用でき、がん組織を確認するなど、医療分野でも臨床応用されています。ALAがんリスク検査は、その「赤く光る」特性を活かしてがんリスクを探る検査です。

ALAがんリスク検査キット

ALAがんリスク検査の料金

治療内容 金額(税込)
ALAがんリスク検査 ¥43,780

ご予約・お問い合わせ

当院の再生医療や美容医療に興味をお持ちの方、気になることや相談したいことなどご遠慮なくお問い合わせください。

新型コロナウイルスPCR検査のご予約はこちら